about us...

THE TOKIO SS(ザ・トーキョー・エスエス)とは、

 

Vo.ヒラバラ”NoM”ノゾミ

Gt.イケガヤ智

Ba.奥原かいと

Dr.濱中ケイタロー

 

から成る、関東の音楽グループ。

 

濃厚なPub RockとHard Coreのエッセンスをブチ込んだ"Blitzkrieg Rock'n'Roll"と自称するサウンドで周囲を唖然とさせる時代逆行系バンドである。

以下、年表 ~History~

≪2013年≫

秋頃 イケガヤの声かけで集まったセッションメンバーである、大学の同期の奥原・高校の後輩の濱中の楽器隊で結成。

当初はスタジオに籠りスタンダードナンバーやらをぬるぬるとやるだけだった。

≪2014年≫

2月 某新宿の筆舌に尽くしがたい箱で初ライブ。

6月 横浜ベイサイドで開催された某フェスに出演。メインステージで美勇士氏の前座を務める。(案の定一言も交わしていない)

≪2015年≫

3月 第一音源リリース(Discographyは削除)諸事情で勝手に休む。

7月 初代ボーカルとしてイケガヤと奥原の知人を抱き込む。バカが4人に。改名は怠いからしないことにした。

9月 新体制になってから初のレコーディング・スチル撮影。

12月 1st両A面シングル「ダリー/ Psycho Blues」発表&ライブ活動再開。

≪2016年≫

1月 メンバー誰一人知らないうちにe+にアーティストページができる。

3月 約二年間で初めて、正式に「休止」と銘打って休むことに。…あれ、心機一転の再開は…?

5月 極秘で関係者向けのスタジオライブを敢行。「ダリー」「いかしたベイベー」「Too Much Hard Pain」という意味不明なセトリ。

11月 Bandcampより「ダリー/Psycho Blues」DL Edition発売。

≪2017年≫

2月 約1年に及ぶ休止から復活。なお、前身から数えると今年で結成5年目に突入。人間でいう幼稚園の年中。

4月 この時の暫定四天王によるラストのライヴを敢行。客がまさかの二人。皆どこへ行った。

9月 1stシングルに「いかしたベイベー」「Blitzkrieg Shelter」の二曲を加えたミニAl?をなんと投げ銭で発売。その金をやよい軒に吸われる。

  また、苦楽を共にしたボーカルが生活面の都合により脱退。奴はミサイルに乗って消えました。

11月 名前的に絶対NGだと双方が納得していたドイツからまさかのラブコール。円盤がついに海を渡る。商品名は“Japanese AV”。勿論、嘘。

12月 ヒラバラ加入。イ「コイツでいい?」濱「うん」奥「わんわん!!」